インフォメーション
2008年12月11日 株式会社マルセン 国際セラピードッグ協会より感謝状授与
2008年12月11日、「国際セラピードッグ協会」の貢献活動に対し、国際セラピードッグ協会 代表 大木トオル氏より、株式会社マルセン 中村嘉宏社長に感謝状が授与されました。

「国際セラピードッグ協会」との出会いは、弊社社長水口慶子が偶然目にしたテレビ番組に始まります。残念ながら、日本では毎年多くの捨て犬たちが、保健所で命を落としていることは海外でも有名な話です。そんな犬たちを1頭でも多く保護・支援し、人間の生活に潤いを与えることのできるセラピードックとして育てていく活動に共鳴し、協会のドアを叩きました。
水口が社会奉仕活動に携わるなかで、セラピードッグ育成の現場を訪ねた際、スタッフの皆さまが、古くなったタオルを、繰り返し繰り返し何度も洗濯して大事に使っておられる様子を目の当たりにしました。そこで、マレリーのタオルのライセンシー・株式会社マルセンの中村社長に、タオルの古い在庫などがあればわけていただきたい旨お伝えしたことがきっかけで、貢献活動の輪が広がりました。
協会の活動にご賛同いただいた中村社長から、たくさんの新品のタオルを「国際セラピードッグ協会」にご寄付いただきました。セラピードッグの犬たちが、新しいタオルで奉仕活動の疲れを癒し、また次なる活動のエネルギーが得られることを願ってやみません。
弊社からも、協会スタッフの皆さまにお使いいただくユニフォームとして、「マレリーロゴ入り」のポロシャツを寄付いたしました。

感謝状 マルセン中村社長と水口、大木トオル代表
感謝状を手に
(左から(株)マルセン中村社長と水口、大木トオル代表)

トップページ | 業務内容 | ブランド | 会社概要 | インフォメーション | お問い合わせ | English | プライバシーポリシー | リンク